読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレーとならづけ

毎週火曜日24時から超A&Gにて久保ユリカが一人喋りなんて胃が痛い好評配信中

水樹奈々さんのライブに行ってきた話 前編

NANAMIZUKI LIVE THEATERに行ってきました。
普段久保ユリカしか言ってないぼくも、元々は奈々クラだったので、半年に一度は水樹奈々さん水樹奈々さん言うんです。
で、もう四年くらいの付き合いになるこすぎさんと400レベルから「そろそろSong Communication歌ってくれ」「僕はVitalizationアコースティックformが来るのをずっとイメトレしてきたんですよ」って言いながら腕組んで眺めてました。
アコースティックライブをSSAでやるってどういうことだってばよって感じでしたけど、開演前から既に圧倒的存在感を放つパイプオルガンが全てを物語っていました。

1 Trinity Cross
2 PHANTOM MINDS
3 ray of change
4 Take a chance
5 ストロボシネマ
6 Panorama-パノラマ-
7 終末のラブソング
8 SCARLET KNIGHT
9 necessary
10 深愛(with Suara)
11 哀愁トワイライト
12 MARIA&JOKER
13 Crescent Child(with 保志総一朗)
14 大好きな君へ
15 Orchestral Fantasia
16 Crystal Letter
17 BRIGHT STREAM
18 SUPER GENERATION
19 Song Communication
20 BLUE

アンコール
21 禁断のレジスタンス
22 エデン
23 Tears' Night


一曲目から頭抱えてました。
パイプオルガンでこんなの演奏されたら感動しないわけがないです。
そんな感動してるところに叩き込むようにピアノソロでファンマイなんか演奏されたら隣のオタクと熱い抱擁を交わしていました。
というかセトリが強すぎてずっと頭抱えながら足をバタバタさせてました。
LIVE CIRCUSでオープニングアクトしてたうっちーが突然出てきて大道芸してたり演出も凄かったです。凄かったです。

400レベルでガン萎えしてたけどこれはこれでかなり楽しかったです。

コーラス隊とのスカナイ。

ここまで強すぎるセトリに素晴らしいアレンジで感動しているところに

「アーアーアーアーウーーー\オーバフロウ/」

とか不意打ちを喰らって隣のオタクと腹抱えて笑ってました。
みんな感動的だったって言ってるなか笑ってました。
ほんとごめん。

その後はなんかSuara深愛歌い始めて保志総一朗出てきて「意味わかんねえ!意味わかんねえ!」って言ってたらタップダンス始まって



Orchestral Fantasia



こんなオーケストラ要素の全くなくて「スタカン!タタンタカタカタン!!」って軽快な音が鳴りまくってるOrchestral Fantasiaおもしろすぎてやっぱり笑ってました。タップダンス合う曲もっとあっただろ!!!!

そんなこといってたら続くクリレタブラストにぶっ殺されてスパジェネでいつものオタクに戻ってヴォイヴォイ飛んでたらSong Communicationとかいうの歌い始めてぶっ殺されました。
めっっっちゃ殺された。
そのままBLUEで成仏しました。


アンコール中

こすぎさん「そろそろエレキギター出して欲しい」
ぼく「アコースティックだって言ってるだろ」
こすぎさん「いやでも、アンコールだから電源入れちゃった❤️とか言われたら一生付いてくよね」
ぼく「それめっっっちゃおもしろい」


ギター「ギュインギュインギュワーーーン!!!!!!!!」
ぼくたち「「アコースティックって言ってんだろ!!!!!」」

死ぬほど笑った。でもここで今まで飛べなかったぶん、禁断のレジスタンスという最高のヴォイ曲でヴォイできて水樹奈々さん本当にありがとうございました。
この瞬間はまさにアルゼナルから解き放たれたノーマでした。

奈々ちゃん「アンコールだからエレキ要素を入れてみたよ❤️」

最高❤️

こすぎさん「エレキも来たしVitalizationでしょ」
奈々ちゃん「じゃあここでもう一度アコースティックで締めたいのでみなさん楽器を持ち替えてください」
こすぎさん「Vitalizationアコースティックformじゃん」
奈々ちゃん「それでは冬らしい曲を歌いたいと思います」
こすぎさん「Vitalization!!」

奈々ちゃん「Tears' Night」

こすぎさん「ホゲーーー!!!」

隣見たら白目剥いて舌を真上に突き出して死んでました。
最後の最後でとんでもない強い曲で締まって閉園。
水樹奈々さんはいつも僕たちの期待に答えてくれた上で、常に新しい何かに挑戦し、更に遥か斜め上を行ってくれる、本当に素晴らしいアーティストだと改めて思いました。
これが最後でFC抜けまーすとか言ってた自分をぶっ殺してやりたくなりました。

本当に素晴らしいライブでした。ありがとうございました。

おわり