読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレーとならづけ

毎週火曜日24時から超A&Gにて久保ユリカが一人喋りなんて胃が痛い好評配信中

またフラスタを作った話

みんな久しぶり!!!

半年ぶりの更新だよ!

久しぶりに見たら、台湾に行ったきり、イベントの内容が書いてなくて笑ったよね。

 

というわけでラブライブ!μ's Final LoveLive!〜μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜にて、小泉花陽ちゃんと、久保ユリカさんにフラスタを贈った話をします。

例のARフラスタです。

イラストを担当させていただきました。

f:id:khpnvg:20160404113858j:plain

 

ちなみに前回はこんなものを作りました。

 

khpnvg.hatenablog.com

 

今改めてみると禍々しすぎますね

 

ちなみに後に久保さんがインスタにて自分宛てに贈られたフラスタについてレスポンスを贈っていたのですが

 

このフラスタのみスルーされました

大敗北です

 

というわけで今回は最後というのもあるし

「王道に、直球で久保さんと花陽ちゃんに感謝を伝えながらも、僕たちらしさを出したフラスタにしよう!」

ということでスタートしました。

 

コンセプトとか

一番はさっき書いた通り

「王道に、直球で久保さんと花陽ちゃんに感謝を伝えながらも、僕たちらしさを出したフラスタにしよう!」

前回のフラスタはツイプラで募集しましたが、今回は単純に僕が大好きな人だけでやりたい!と思ったので、一緒に台湾に行ったメンバー+透明金魚さんでやらせていただきました。

そして、このメンバーで作った!と言えるフラスタにしたかったので、僕はほぼ、みんなが描いてほしい絵を描くことに徹しました。

フィルム部分に描かれている絵はみんなで選んだベストオブ久保ユリカ&小泉花陽さんです。2人から貰った思い出を、フィルムのように繋げよう、といった感じです。構造上繋がらなかったけど。

そしてこのフラスタ最大のミソであるところのAR部分。ここは

「なにか仕掛けを施したい。そしてビックリさせたい。久保ユリカさん本人に限らず、このフラスタをみた他のラブライバー達が、このフラスタ作ったやつら本当に小泉花陽ちゃんと久保ユリカさんのことが好きなんだなって思ってもらえるものにしよう」

という考えで生まれました。

自分は、とにかく2人に感謝を伝えたかったので、僕たちから花陽に花束を、そして終演後、これを見てくれるかもしれない久保さんに、花陽ちゃんから花束を渡して欲しい。そういう気持ちで描きました。

どうだった?

 

ちなみに最初は久保神社とか相変わらず禍々しいものでした。けど、例の花屋さんに「神社とかそういうものを作るのはどうかと思う」という正論なご指摘を頂き、考え直した結果こうなりました。本当にありがとうございました、花屋さん。

 

刷り込み

このフラスタを作ってる間に久保ユリカさんがソロデビューをし、Lovely Lovely Strawberryをリリースし、リリースイベントで何度かお話しする機会が生まれました。

そこで、AR担当のまゆさんがARマーカーを名札の代わりにつけて、ひたすらイベントに通い、本人にも「覚えた?覚えた?」と言うなど、本人に刷り込みを入れていました。

それを聞いて僕はゲラゲラ笑うだけだったのですが。(僕はお渡しされたポスターを「バッドありがとうございます!」毎日素振りしてメジャーリーガーになります!」とかわけのわからないことを言っていた気がします。)

 

フラスタ

f:id:khpnvg:20160404113826j:plain

全貌はこんな感じです。

ちなみに真ん中の炊飯器は5thライブで久保さんが「炊けたよ~」と中身を見せびらかしていた、あの炊飯器と同型です。

 

f:id:khpnvg:20160405162937j:plain

こちらがAR

花の形に使用ということで他にも16個くらい候補もあったのですが、9人でこれを選びました。

f:id:khpnvg:20160405162942j:plain

説明のPOP

金魚さんが作ってくれました。すごいわかりやすくて「本当に作るの上手いよね」と言ったら「いつも仕事でやってるから」とおっしゃっていました。

何度かどういう仕事をしているか聞いているけどいまいちよく分かっていません。

f:id:khpnvg:20160405162824j:plain

ぼららら

言うまでもなくほぼ全員が「花陽と久保さんが一緒にぼららら踊ってる絵がみたい」となって、一番最初に決まりました。

f:id:khpnvg:20160405162832j:plain

次いでにこりんぱな

ラブライブ!小泉花陽久保ユリカさんといったらやっぱりにこりんぱな。

あの独特の雰囲気が大好きでした。そして最終回は泣かせていただきました。

個人的にも、公開録音で誕生日を祝っていただいたので、本当に思い入れが強かったです。

自画自賛になるけどめっちゃ似てない?これね、自信作。

 

f:id:khpnvg:20160405162838j:plain

4thライブのなわとび

9色の花を摘んでセンターステージで歌う久保ユリカさん。

この姿に感動した人は多いのではないでしょうか。こちらも絶対に入れたい!ということで描いたんですけど…

下手くそかよ…もうちょい頑張れたやろ…と後悔が残ってます。残念。

f:id:khpnvg:20160405162844j:plain

みんな大好き広島Printempsのぷわぷわーお!

過去に描いた絵を描きなおしました。行った方は覚えてらっしゃるでしょうか…あの独特の振り付け、楽しすぎるコール…

THE Printemsという感じで本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。

忘れないようにfigma買ってこのポーズ取らせて飾っておきたいですね。

f:id:khpnvg:20160405162909p:plain

花陽

一番頑張りました。何度も何度もリテイクにリテイクを重ねて、全く描けない…って頭抱えながらも、勉強して、何度か練習して、やっと描けたので本当に愛着がわいています。

前述のとおり、僕たちから花陽へ、そしてその花束を久保さんへ、感謝の気持ちを花束に乗せて伝えたいという気持ちで描きました。

伝わってると、いいなあ。

 

そんな感じで9人で、久保さんと花陽ちゃんとの思い出を振り返りながら、作りました。

完成を見たときは本当に灌漑深かったです。

 

当日

f:id:khpnvg:20160405161546j:plain

なんかすごい人だかりができていました。

朝から定期的にフラスタの前に行って様子を見ていたのですが、開演まで常にこれくらいの人がいました。

正直かなり驚きましたが、Twitterでもたくさんの方に「すごい」「よかった」果てには「泣いた」という感想もいただき、自分たちの2人への感謝と大好きって気持ちが、たくさんの方たちに伝わり、そして共感してもらえたんだ。と思うと、ただただ、嬉しかったです。

f:id:khpnvg:20160405164810j:plain

「僕たちが作りましたァー!」

 

よくよく考えれば住んでる場所も、趣味もほとんど違う僕たちが、こうして仲良くなって、一緒にフラスタを贈るのも、全部久保さんと花陽ちゃんが巡り合わせてくれたんだな…と改めて認識しました。

実際、近くにいると、久しぶりに会う地方のオタクと再会というのを3度ほどしました。

ラブライブ!のおかげで、こんなたくさんの人と知り合えたんだ…と思うと、目の前のフラスタをみながら、作ってよかった。ちゃんとありがとうが言えてよかったなあ…と思うばかりでした。

 

ちなみにわかる人は分かるかもしれませんが、こちらのプーギー様、本物です。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

次はフラスタを贈るとしたら、久保さんのバースデーイベントでしょうかね…その時は目いっぱいふざけた禍々しい祭壇を出すかもしれませんねw